いま人気の“平屋の住まい”

夫婦2人から4人家族向けの
“ワンフロアーのつながる住まい”

熊本地震後“すぐに必要な住まい”を考える中で、安心・安全に対応し、
さらに快適さも加味された『平屋』の住まいが注目を集めています。

弊社が提供する「平屋プラン」では、夫婦2人暮らし向け2LDKから
4人家族向け3LDKまで、暮らしに合わせて9つのプラン(間取り)を
用意しました。 ワンフロア―でつながる、ちょうど良いサイズの平屋をお考えの方は、是非お問い合わせください。

2LDKタイプ

[2LDK]施工面積/66.24m²(20.03坪)

3LDKタイプ

[3LDK]施工面積/74.52m²(22.54坪)

二階建ての住まい

家族構成に対応できる間取りで、支払いも家賃並み!

さまざまな家族構成に対応できる間取り。二世帯住宅を考えていらっしゃる方も気軽にご相談ください。
また、支払も家賃並みで、家計の負担を軽減します。

4LDKタイプ

[4LDK]施工面積/89.42m²(27.05坪)

メールでお問い合わせ

“安心・安全”を実現する工法、充実の設備

度重なる大地震で強さが実証されてきた「ツーバイフォー工法」、底冷え・結露・ヒートショックから住まいを守る「吹付け発泡断熱材」の採用、加えて、水回りや軽量屋根材、シャッター雨戸、半樹脂サッシ…等こだわりの仕様で『安心・安全・快適さ』を追求しています。

床、壁、屋根が一体となって面で支える工法です。
その耐震性は度重なる震災で
実証済みです。

底冷え、結露、ヒートショックから守ります。騒音もシャットアウトする快適な家です。

さらに、土地についても、「地盤保障システム」によって、“安心・安全の住まいづくり”をお手伝いします。

地盤調査解析100万棟の実績を誇るジャパンホームシールド(株)の「品質保証システム」を採用。万が一、不同沈下が起きた場合に備えて20年間の保証を付与します。

充実の装備

  • 食器洗い乾燥機付き
    システムキッチン

  • 超節水型
    ウォシュレットトイレ

  • 浴室暖房乾燥機付き
    システムバス

  • カードキータイプ
    玄関ドア

メールでお問い合わせ

お客様から満足の声をいただいています!

震源地近くの、弊社が手掛けた家にお住まいの2家族に、お話しを伺いました。

益城町S様邸(ツーバイフフォー工法の家・築6年)

「この家は大丈夫、と安心感があったから、
車中泊ゼロで過ごせました」

震度7の激震が襲った益城町。「冷蔵庫の中身が飛び出すほどの揺れで、怖くて思わず外に出ましたが、立ってられないほどでした…」とSさん。
2×4工法・木造2階建てのSさん邸。「幸いなことに被害もポーチのタイルが2、3枚落ちただけでした。今は水も復旧して普通の生活に戻っています」。家の中は怖い…と車中泊をする人も多かった中、旦那さんの「この家は強いから大丈夫」という言葉で、1度も車中泊をすることなく過ごしたそう。
「家を建てるときはデザインや間取りを重視して工法は気にしていなかったのですが、家のつくりかたって本当に大切なことだと実感しました」。

菊陽町M様邸(RC工法・築3年)

「デザインに惹かれて選んだこの家。“強さ”も改めて実感!」

「前震ではそこまで大きな揺れを感じませんでしたが、本震の後はさすがに家族も怖がって1日だけ車中泊しました」。菊陽町でRC工法の店舗付住宅を建てたMさん。2度の大きな地震を受けたにも関わらず、お店・自宅ともに殆ど被害はなかったため、すぐにお店の営業を再開されました。
「この家を建てるときは打ちっぱなしのコンクリートのデザインが気に入ったから、という理由でしたが、今回の震災で“強さ”にも驚かされました。家族と店…両方を守ってくれて、さらに愛着がわきました」。

メールでお問い合わせ

Copyright © 2016 SENRI SHOKUSAN. All rights reserved.

ページトップへ戻る