熊本の住宅メーカー「千里殖産」は、土地・新築一戸建て・自由設計による注文住宅をお考えの方の、マイホームへの夢をサポート。

RCの魅力

信頼と笑顔に応えるために 鉄筋コンクリート住宅

断面図で見る構造の秘密

耐震性

①基礎鉄筋

鉄筋量は一般木造住宅の数倍使われています。しっかり密に敷き込んだ鉄筋が強固な基礎のヒミツです。

②基礎・躯体一体構造(モノコック構造)

基礎と躯体がひとつの箱のように一体となったモノコック構造。面全体で地震や台風などの外力を受け止めるため、強度的に最も優れています。

耐火性

③コンクリート構造体

150~180mm厚のコンクリートで躯体が造られているため、鉄筋コンクリート住宅は、家まるごと耐火構造です。火災に対する安全性は一般木造などとは圧倒的に違います。また、耐火構造であることで、都市部の防火地域にも建築が可能です。

高気密・高断熱・省エネ

④発泡断熱材

20mm(吹き付け)厚の発泡断熱材により優れた断熱性能を発揮。快適でしかも経済的な省エネ空間をつくります。

⑤ビル用複層ガラスサッシ

ビル用複層ガラスサッシを使用することで高い省エネ効果が得られるとともに窓の不快な結露を抑えます。

⑥24時間換気システム

24時間換気システムにより、汚れた空気とともに湿気も排出。新鮮な空気を取り入れ結露の起きにくい室内環境を実現。花粉、ハウスダスト、さらにシックハウスの原因ともなるVOC(揮発性有機化合物)の臭気も除去します。

遮音性

⑦遮音構造

壁の遮音性能は透過損失*であらわされます。単位面積当たりの質量が大きいものほど性能が良く、重くて緻密なコンクリートの壁はまさに最適です。※壁の両側でどの程度音が小さくなったかを示す

ページの先頭へ